注意事項について

 

 

人と接することが多い仕事や、細かい作業が多い仕事などは、体が常に強い緊張感に包まれているということがあるでしょう。そんな時は、一人になれる時間に、ちょっとしたリラックス効果のあるものを取り入れるのもいいでしょう。気分も清々しくなりますし、体の重さも取れます。リラックス効果が強いものといえば、アロマ、ハーブティーなど、香りにまつわるものがあります。ですが、柔らかな清々しい匂いというのはとても癒されるものですが、そういったリラックス効果が強いものは運転する予定があるときなどは避けたほうがいいでしょう。使用時の注意事項として眠くなる効果があると記載されていることもありますが、眠気を誘ってしまうこともあるので要注意です。できれば、十分時間のある休憩時、または睡眠前がいいでしょう。快適に眠れるということもまた体のリラックス、癒しにもつながります。ちょっとしたお昼寝でも、睡眠がとれれば頭がスッキリするでしょう。頭がスッキリした後はまた仕事もはかどりますし、体が軽くなって快適でしょう。癒しの時間つくりはストレスが溜まりにくい体つくりにもなるので、程よくリラックスの時間を取り入れていくといいでしょう。