お肌への効能について

 

shutterstock_49617541

肌への効能としては、女性ホルモンの分泌を促してくれるためにアンチエイジングに繋がります。女性ホルモンとは、別名若返りホルモンと称されるほど女性には欠かせないものなのです。
肌への潤い、張り、ツヤなどを作り出してくれるのも女性ホルモンの大切な役割です。体内の環境が整ってこそ、肌に出てくるので内側からのケアも必要です。女性ホルモンの分泌が正常範囲内で多めな方ほど肌も美しくなるでしょう。
また、交感神経を鎮静させるという作用もあるので神経からのアプローチでリラックスした状態に持って行きます。この状態だと毛細血管が広がり、血行が良くなるので肌ツヤも出ます。
血行がよくなるということは酸素が正しく細胞に分配されたり必要な成分が体を巡ることになるので普段使っている化粧品の効果までもをあげてしまうことができます。

また、新陳代謝を高めてくれる香りのため細胞の生まれ変わりを正しい周期に戻そうとしてくれます。
新陳代謝が高まると、古い細胞がどんどん排出され、新しい細胞へと生まれ変わるのでお肌も新鮮な若々しい姿を取り戻します。ターンオーバーの正常化により角質肥厚もしづらくなり肌全体が滑らかになります。

アンチエイジングには大変効果的です。